ABOUT

埼玉県桶川市ってこんなまち!素敵な魅力をご紹介

人口約7万4千人の桶川市は、埼玉県のほぼ中心に位置しているため、どの方向へも行きやすく、子育てにも向いた住みやすいまちです。埼玉県桶川市のかわいいマスコットキャラクター「オケちゃん」に、桶川市の魅力を紹介してもらいましょう。

子育てに向いたまち

子育て支援ガイドブック


現在子育てをされている方、これから子育てをする方のための情報源として、『子育て支援ガイドブック』を発行しています。役立つ情報がたくさん記載されているので、初めての子育てでも安心ですね。

待機児童ゼロ!


埼玉県桶川市の待機児童は0人です。(2016年度調べ)共働きでも安心。ママも働きに出ることが出来る、嬉しい環境です。現在お子さんが居る方も、これからの予定の方も、桶川市で子育て始めませんか。

3キュー子育てチケット


埼玉県では子どもが3人以上いる多子世帯の子育てを応援するため、様々な子育てサービスが利用できる「3キュー子育てチケット」の申請受付を開始しています。お子さんが多いご家庭をサポートします。

学用品費の入学前支給


経済的理由により就学が困難な児童生徒の保護者の方に給食費や学用品費などの就学に必要な経費の一部を援助しています。そのうち新入学児童生徒学用品費を平成30年度入学予定者から入学前に支給します。

入学準備金貸付制度


桶川市入学準備金貸付制度は、高等学校、大学および高等専門学校ならびに専修学校への進学を希望するお子様のいるのご家庭で、入学準備にあたって資金の調達が困難な場合に貸付を行っています。

自転車購入費補助制度


補助金申請時に小学校未就学児2名以上を養育している方を対象に、安全基準に適合する、幼児2人を乗せられる3人乗り自転車の購入費の一部を補助する制度があります。家計の負担も軽減されます。

桶川市のべに花

毎年6月中旬から6月下旬にかけて市内のいろいろな場所で花を咲かせているべに花は、むかし染料や口紅として使われていました。桶川市のべに花は「桶川臙脂(おけがわえんじ)」と呼ばれ全国的に有名で、「べに花の郷づくり事業」を展開しています。生活文化都市の創造をめざした街づくりを進めています。

べに花ふるさと館

べに花ふるさと館は、明治後期に建てられた民家を改築し、陶芸やそば打ち、染め物教室などが体験できる文化施設です。べに花の切り花やドライフラワー、人気のべに花まんじゅうなどが購入できます。

べに花ふるさと館HP

べに花まつり

6月中旬に開催される「べに花まつり」では、べに花染め体験や熱気球試乗会が行われており、物産市ではべに花ジャムなどが購入できます。べに花つみとり園では、べに花のつみとり体験もできます。

桶川市観光協会HP

OKEGAWA honプラス+

OKEGAWA hon プラス+は、おけがわマインの中にある図書館から大型書店やカフェ、リラクゼーションサービスまで揃う、市の文化・交流のための施設です。図書館で気に入った本や所蔵するのが難しい参考書などは、隣接された書店で購入することができ、絶版になって購入できない本は図書館で借りるなどニーズにあわせて併設された施設を利用できます。

公園なら城山公園

14世紀に築城された平山城の「三ツ木城」の城跡に造園された公園です。「冒険広場」、「トリム広場」、「児童遊園広場」の3つの広場では子どもたちが様々な遊具で遊べます。水遊びができるせせらぎ、ピクニック広場、 展望台、バーベキュー広場などもあり、子どもから大人まで楽しめる公園です。

桶川市HP

桶川名物 太うどん

桶川名物「太うどん」は大木うどんで食べられる地元で有名な名物うどんです。幅16mm、厚さ8mmの麺はとにかく固いですが、この固さと粉の風味が病みつきになると、リピーターが多く評判です。さらに麺つゆは桶川の老舗坂巻醤油店の醤油を使用し、ぱりっとした油揚げがトッピングされているこだわりの一品です。醤油の他に、バターうどん、麻婆うどんなどもあり、さらなる冒険を臨むことができそうです。

大木うどん店(食べログ)

横尾材木店のスタッフも実際に行ってきました!!


桶川付近に遊びに行ったときに、友人に「ハマるうどん屋さんがある」と紹介してもらったのが、こちらの大木うどんさん。“太くて固い”“顎が疲れる”と、聞く限り「それ、本当にハマるの?」と半信半疑でした。実際に食べてみると・・・たしかに今まで見たことのない太さ、食べたことのない固さ。噛めば噛むほどに小麦の風味と甘さを存分に感じて・・・。スープに絡めるというよりは、先にスープを口に含みつつ食べたり、油揚げと一緒に食べるのがベストな食べ方だと思いました。私の家から桶川市まで車で1時間以上かかるのでなかなか行けませんが、桶川の方面に行ったときには必ず食べに行くお気に入りのお店です。顎が疲れるけど、なんかハマっちゃう。今では納得です。

横尾材木店スタッフK