best free website builder

ABOUT

埼玉県名発祥の地として知られる行田市。
歴史、観光、文化、モノや人・・・
たくさんの魅力に溢れています。

行田市が選ばれる理由

平成25年 住宅・土地統計調査

1人あたりの公園面積
13.00㎡

埼玉県:6.84㎡
東京都:5.76㎡

持ち家比率
77.4%

埼玉県:66.1%
東京都:45.8%

平均通勤時間
25.8分

埼玉県:43.7分
東京都:43.8分

行田市役所

子育て世帯定住促進奨励金

最高で60万円の奨励金が交付されます

行田市外から行田市内へ住宅を取得して転入する場合、最高で60万円の奨励金が交付されます。

詳しくは行田市のホームページを確認ください。
行田市ホームページ

行田市は子育てしやすい街

育児を応援する行政サービスガイド【行田市ママフレ】

  • 子育て包括支援センター - 保健センター内にある「子育て包括支援センター」では、赤ちゃんコンシェルジュ(助産師)が妊娠期から子育て期にわたるさまざまな悩みに対し相談に応じています。また、ママパパ教室など各種サービスについて説明しています。
  • 妊婦健康診査 - 妊婦さんやお腹の赤ちゃんの健康状態を定期的に確認するのが妊婦健康診査です。出産までの妊婦健康診査費用の一部を助成しています。
  • 乳児家庭全戸訪問事業 - 別名「こんにちは赤ちゃん事業」。生後4ヶ月までの赤ちゃんのいるすべてのご家庭に、保健師・助産師が訪問し、健康状態の確認や保健指導、健康や育児に関する相談、子育て支援に関する情報提供を行っています。
  • 子ども医療費助成制度 - お子さんが病気や怪我などにより健康保険を使って病院などにかかったときの医療費を中学校卒業まで助成します。

お子さんの成長を行政が強力サポート

ママパパだけではありません。ご家族みなさまをしっかりサポート致します。

待機児童数 0人

行田市の待機児童数は0人です。ママも安心して働きに出ることができますね。

少人数学級編制(35人以下)

小学校・中学校全学年において35人以下学級を実現しています。児童生徒一人ひとりのニーズに対応した、よりきめ細やかな教育をしています。

行田市の教育

学童保育室

市内各地域に学童保育室を設置しています。子育てと仕事の両立を支援します。

小学校英語活動

全小学校、全学年で英語活動の授業を実施し、確かな学力の育成を支援します。

子育て世代のリアルボイス

(埼玉県行田市定住ガイドより)

水城公園

1、行田で気に入っている所 - 水城公園です。大好きな魚釣りもでき、近くに「キッズプラザあおい」という子育て支援センターもあり、家族みんなで楽しめる場所です。
2、行田に来てよかったと思うこと - 都会ではないけれど、スーパーや各種施設が近くにあるので、日々生活をする上で不便がないところです。桜の木も多く、お花見の場所に困りません。
3、行田に移住を考えている方へ - 住宅取得の支援もあり、田舎暮らしと都会生活のバランスのとれたゆったりとした暮らしをしたい方におすすめです。

行田市下忍在住 H様
行田総合病院

1、行田で気に入っている所 - 治安がよい。フライが美味しい。親切な人が多い。
2、行田に来てよかったと思うこと - 都会にも自然が多い場所にも、そんなに遠くないので遊びに行きやすい。
3、子育てしやすいところ - 子どもの医療費が市外の病院であっても全額補助されるところ。

行田市桜町在住 K様

四季折々 楽しいイベントが満載

夏から秋にかけて、古代蓮会館に隣接する田んぼに稲で巨大な絵が出現します。地元の子どもたちも田植えに参加。古代蓮会館展望室から見ることができます。田んぼアートは平成27年にギネス世界記録に認定されました。

世界最大の田んぼアート

田んぼアート
さきたま火祭り

火をシンボルにした古代のロマンあふれるお祭りです。さきたま火祭りは、昭和55年に、後に国宝に指定される金錯銘鉄剣がさきたま古墳公園のさきたま資料館に保存されることが決まったことを記念して行われた「行田商工会議所古墳まつり商工祭」の催事の一つとして始まりました。

さきたま火祭り

10月下旬から12月中旬まで、利根大堰にある「大堰自然の観察室」でサケの遡上を観ることができます。

利根大堰 - サケの遡上

ポタリング

ポタリングで市内を回遊して、新たなまちの魅力を発見してみて下さい!

※ポタリング…自転車やバイクで気楽にぶらつくこと。自転車を用いた散歩的なサイクリングのこと。

ポタリング

お問い合わせは「横尾材木店 熊谷店」
営業時間/10:00~20:00 定休日/毎週水曜日

0120-450-692